第62回Take it! 虹 交流会

「Rainbowかき氷大会」

○日時○

2015年7月9日(土)

開場12:30

開始13:00

終了15:00

アフター

○内容○

今回はかき氷大会を行いたいと思います!レインボーかき氷を目指して、虹色のシロップや果物などの持ち寄り大歓迎です★ぜひみんなで素材をシェアして、オリジナルのかき氷を完成させましょう!(※シロップや果物などを持ってきてくださった方は参加費無料です!!もちろん、スタッフも準備していますので、手ぶらでの参加も大歓迎です!)

かき氷を食べながら、トークを行います。ご希望のテーマがある際には、当日の受付、またはmailにて、お申しつけください。

はじめての方も、そうでない方も、どうぞ、お気軽にいらしてください。皆様のご参加を、お待ちしております。

○場所○

長崎県人権教育啓発センター 長崎市大黒町3-1交通産業ビル4階

→www.pref.nagasaki.jp/jinken/

JR長崎駅正面・県営バスターミナル4階です。

路面電車・バスをご利用の場合は、長崎駅前で下車し、約100mの所にあります。

専用駐車場がございませんので、公共交通機関のご利用をお勧め致します。

○参加費○

一律300円を、交流会終了時に集めます。

集めたお金は、当日のお茶・お菓子代などの経費に充てています。

○予約○

参加を希望される方は、

・お名前(ニックネームで構いません)

・ご希望のトークテーマ(なくても構いません)

を記入の上、できるだけ、事前にメールでお知らせください。

※もちろん当日参加や、遅れての参加・途中退席も受け付けておりますので、お気軽にお越しくださいませ。

予約・お問い合わせはこちら↓

popopopotter@yahoo.co.jp

 

↓昨年度のrainbowカキ氷大会の様子★

rainbowカキ氷

 

JR九州長崎支社研修

平成28年5月23日(月)

JR九州長崎市支社の新任管理者研修(人権)へ行ってきました。

対象者:新任管理者16名

以下は、研修を始める前に、他社自治体における対応事例と共に読み上げられた社長からのメッセージです。

—————-

企業活動のあらゆる場面において「人権の視点をもって仕事に取り組む」必要があるが、「人権の視点をもつこと」は常日頃から話をしている「誠実」という言葉につながる。嘘、偽り、ごまかしがなく、人に対して思いやりのある行動や考え方を実践していくことが、社員一人一人の真剣意識を高めることとなる。

日ごろから人権意識の向上や人権感覚を高め、誤った噂や偏見に惑わされず、正しい知識を身につけ、社会に起こる差別への「気づき」の力を高めていきましょう。

————‐‐‐‐

という言葉で始まった人権研修会では、参加した一人一人が、なぜこの課題に向き合う必要性があるのかを明確に伝え、モチベーションの高まった状態でのスタートを切ることができました。

初めての企業向け講演ということもあり、これまで、教育現場向けに作成していた資料もリニューアルして臨みましたが、時間がいっぱいになってしまい、質問の時間をとることができなかったため、感想と共に、質問を送っていたいただくことになってしまいました。しかし、講演後すぐにPCへ感想を送ってくださり、当日のうちに質問と感想への回答を返信することができました。回答は参加者へシェアしていただけることとなり、取り組みに対する前向きな姿勢と対応の迅速さに頭の下がる想いでいっぱいになった研修会となりました。

ご参加くださった皆様へ心からの感謝を込めて。

長崎ウエスレヤン大学

福祉コミュニティ総論

対象者:長崎ウエスレヤン大学1年生80名対象

出身校でもある長崎ウエスレヤン大学にて講演を行いました。

Take it!虹設立所御年度から講演を依頼してくださっていた先生からは、今後も毎年お願いしたいという言葉もいただき、継続的な啓発のチャンスをいただけることになりました。

思い起こせば、学生時代からたくさんの発言のチャンスをいただき、思いを声に出して伝えていくSpeak upの習慣を養っていただいたことや、何度失敗してもチャンスを与え続けてくれた先生。改めて感謝の気持ちでいっぱいになった1日でした。

また、感想からは、実際に身近に当事者が居ると答えた学生も多く、以前と比べてセクシュアルマイノリティであることをカミングアウトしやすい環境になってきているのだと、感じることができました。

チャンスを下さった先生、丁寧にサポートくださった皆様、そしてご参加くださった皆様に心からの感謝を込めて。

H28ウエスレヤン大学講義.jpg

教育庁職員等人権・同和教育研修会

平成28年6月2日

対象:教育庁職員25名程

※特定職業従事者(「長崎県人権教育・啓発基本計画」では・公務員・教職員・警察官・消防職員・医療従事者・福祉保健関係者及びメディア関係者を人権にかかわりの深い特定職業従事者として、人権教育についての研修を積極的かつ定期的に行う必要があるとしています)でもある教育庁職員を対象とした研修を行いました。

実際に教職員として現場で働いていた方も多く、これまでの経験とすり合わせながら、話に耳を傾けてくださいました。ご参加くださった皆様に心からの感謝を込めて。